美白化粧品の使い方

美白化粧品の効果的な使い方

化粧品の美白成分に注目しよう

化粧水や乳液、美容液などの化粧品に含まれている美白成分には、多くの種類があります。その1つ1つの働きをチェックするのは非常に面倒なので、適当な使い方をしているという人も少なくありません。ですが化粧品の美白成分に注目することで、ケアの効果を高めることが期待できます。美白成分は性質によって主に2つのタイプに分けることができます。シミやそばかすなどの黒ずみを予防するタイプと、これらの肌トラブルを改善していくタイプの2つです。化粧品に含まれている美白成分が、どちらのタイプが知ることで、ケアの使い方が変わってきます。トラネキサム酸やアルブチンは、シミなどの黒ずみを予防するタイプの美白成分です。ですので、おすすめの使い方は、朝やメイク前などに使用する方法です。こうすることで、紫外線の影響によるメラニン色素の生成を抑えることができるので、シミを効果的に予防できます。プラセンタエキスやビタミンC誘導体は、肌のターンオーバーを整える働きがあります。ターンオーバーが整えば、すでにできてしまったシミを薄くしていくことが期待できます。ですので、プラセンタエキスやビタミンC誘導体は、シミを綺麗にしたいという人が使うようにしましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP