美白化粧品の注意点

美白化粧品を使う上での注意

美白化粧品は成分の種類に注意

一概に美白化粧品と言っても、配合されている美白成分の種類は様々です。予防と改善どちらのケアに重点を置くかで選ぶべき成分の種類は異なりますので注意が必要です。化粧品に配合される美白成分は、大きく分けてメラニンの生成を抑制するものとメラニンの排出を促すものの2つが存在します。メラニンは肌を黒化させる色素で、しみのない白く美しい肌を作るためにはこのメラニンは大敵となります。普段のケアでしみができるのを防ぎたいのであればメラニンが生成されないように注意する必要があり、そのためにはアルブチンなどの美白成分を配合した化粧品でのケアが効果的となります。アルブチンはメラニン生成のプロセスを阻害する作用があり、速効性は期待できないものの毎日継続的に使用することで白く透き通った肌へと導きます。ただしすでにできてしまったしみに対してはアルブチンなどのメラニン生成予防効果のある成分は有効ではありませんので注意しましょう。すでにできたしみを薄くしたいのであれば、メラニン排出を促す成分であるビタミンC誘導体やハイドロキノンが効果を発揮します。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれる強い美白作用を持つ成分で、濃くなってしまったしみにも効果が期待できます。ただし肌に刺激を生じさせることがありますので、美容皮膚科などで医師の指示に従って使用することが理想的です。

バックナンバー

↑PAGE TOP